ファイル破折、、、いやな言葉です。

ファイルと呼ばれる治療器具が根管治療の最中に折れてしまって根の中に残ってしまうことがあるのです。

根管治療をしたことのある歯科医師であれば誰しも一度は経験しているのではないでしょうか?

僕もあります、ファイル破折。根の中で折れてしまうと厄介なものです。

なぜファイル破折が起こってしまうのでしょうか?一番の理由はファイルが破折したその位置までしっかりと治療を試みたから、治療を一生懸命したから、ということになりますが、

ファイル破折の原因は主にねじれ破折と回転疲労破折、要するになんらかの原因で先が引っかかってしまっている状態でさらに回転をかけてねじれすぎて折れてしまうということと、伸び縮みを繰り返して金属疲労を起こしてしまって折れてしまう、ということです。

 

ねじれ破折は使い方に起因しますが、偶発的に折れてしまうこともあります。

疲労破折は使用回数の管理に起因しますが、初めて使っても折れてしまうこともあります。

当院では折れないようにするために

・拡大前に予備拡大形成を丁寧に行う
・拡大形成時に潤滑剤を使用しひっかかりを減少させる
・拡大形成時に強い力で押し込まない
・ファイルの使用回数を根管の形態や湾曲に応じて管理する
・細いファイルは使い捨てにしている

など折れないように気をつけて治療しています。

それでも折れてしまった場合、以前もお話してますが取るメリットとデメリットを勘案して取るか取らないかを決めます。

現在は除去の道具も様々ありますので取ることはそれほど難しくありません。

ただ、なるべく健康な歯を削らないでオリジナルな状態を保つのは難しいのです。

今回はこのケース

除去前

 

 

 

 

 

 

長いファイルのようなものが残っているように見えます。また、歯自体にも症状があり除去して洗浄しないとならないんだろうなぁという見立てです。

というわけで今回は除去に踏み切ったわけですが、たまたまですが、治療一回でするっと取れました!(とても嬉しい!)

取れた後がこちら。

除去後

 

 

 

 

 

 

 

取った時がこちら。心の声が漏れてしまってます(笑)(これでも嬉しさが滲み出てます…)

 

院長:高橋