気がつくと今年も残りわずかになっております。

ブログの更新が滞っておりまして、隠れファンからは楽しみにしてるよ、などと声をかけていただいておりますが、特別体調が悪いなどということはなく、忙しく充実した日々を送らせていただいております。

「先生、左下の歯が時折重い感じがするんですけど…」
「最近が歯が浮いた感じがするときあるんですけど…」
「たまに違和感あるんですが、痛い、というほどではないんですが…」

 

そんな、「すごく痛いというワケではないけど…」

重い感じや浮いた感じ、違和感などを訴える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時、「よくわからないけど様子みましょう」ならまだしも、

「じゃあとりあえず神経(歯髄)の治療しておきましょうか?」なんて軽い気持ちで治療に入ること、ありませんか?

・違和感

・とりあえす神経(歯髄)の治療

・治療をしてるけど治らない

・治療が終了したけど再発

・腫れや痛みを繰り返す

・抜歯

 

このようなシナリオ、決して少なくありません。

しかしながら、患者と真剣に向き合う歯科医師はこのようなことはありません。

今回ご紹介するのはこのケース

患者さんはかかりつけの歯科医院で「左側の下の歯が時折浮いた感じがするんです。たまに痛むような感じで、(神経(歯髄)を取ることにになってしまうのが)怖い感じなんです…」と話しました。

 

 

 

 

 

 

見た目はこのような感じ。問題ないように思えます。

担当の歯科医師は診査診断をして神経(歯髄)に顕著な異常所見を見つけられなかったので、患者さんに対し

・このまま経過観察を継続する

・より詳細に診査してもらうために専門医に紹介する

と治療プランを提示したところ、当院に紹介されて来院されました。

患者と真剣に向き合う歯科医院は(とりあえずの)治療はしません。本当に患者にとって何をすべきか、自分の診療に自信があるからこそ、専門医と連携を組んで患者さんを第一に考えて診療しています。

当院の診査診断の結果でも、やはり特別神経(歯髄)に異常な所見は見られませんでした。

・このまま経過観察をする

・詰め物を外して治療をする

という治療プランを提示したところ、

「いえ、気持ち的にもスッキリしたいし例え神経取ることになっても構わないのでしっかりと治療してください。」

とのことで治療開始です。

 

 

 

 

 

 

顕微鏡下で歯の健康な部分を削らないよう丁寧に詰めてある金属を外していきます。

 

 

 

 

 

 

外し終えたところです。別に異常が無いようにも見えます。

残っているセメントも除去し終えたところです。

 

 

 

 

 

 

ここでようやく中のむし歯が見えてきました。これが悪さをしてたわけですね。

ここで振り返ってみますと、術前の診査では異常な反応を示さなかったので、神経(歯髄)が残せる可能性が高いと判断できます。丁寧にむし歯の部分を除去していきます。

 

 

 

 

 

 

むし歯を除去し終えたところです。ここでセメントを充填して歯髄保護処置(神経を残す治療)をして経過観察します。今回、治療時間は1時間半。

その後3ヶ月程度経過観察して神経(歯髄)が健康状態な事を確認。

紹介したかかりつけ医にて新しい詰め物を作成。今回は歯と調和したセラミックインレーを装着したようです。

おかげさまで治療前の「左側の下の歯が時折浮いた感じがするんです。たまに痛むような感じで、(神経(歯髄)を取ることにになってしまうのが)怖い感じなんです…」はすっかり解消されました。

もちろん、全てのケースでハッピーエンドではないですが、専門医と連携する事で余計な治療を回避することもできるのです。

 

あなたのかかりつけ医はあなたと真剣に向き合ってくれていますでしょうか?

必要な時に必要な医療機関へ紹介してくれること、それもかかりつけ医としての責任なのかと思います。

 

院長:高橋