前回のブログ(どの段階で専門医に受診すれば良いのでしょうか?)ではどのタイミングで受診したら良いのか?についてお話させていただきました。

今回は

「根管治療を何度も行なっているのですが治りません。専門医であれば治りますか?」

というもの。

答えとすれば「治療してみないことにはなんとも言えません」というのが正直なところですが、同じことを繰り返してもあまり結果は変わらないことも事実ですし、根管治療の成功率は高い水準であるので、専門的なアプローチによって改善する可能性は高いと言えます。

しかしながら歯の治療って実は何度もできるものではありません。ご存知でしたか?

歯の治療というものは基本的に悪い部分(主にむし歯)を除去する、という性質上繰り返せば繰り返すほど歯が薄くなって行きますし、薄くなるものは割れやすくなったり欠けやすくなったりします。これは神経を取ったからとか取らないから、ということではありません。

今回は一生懸命治療を繰り返して治らない、ということで来院されたケースを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

一生懸命治療したからか歯が薄くなっているのがわかります。根の先の方をみてみると、ん?

少し怪しいところがあるのがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

少し角度を変えてみますと歯が割れてしまっているのが確認できました。

この割れてしまった歯というのは残念ながら治療の選択としては抜歯、もしくは治療しない、ということになります。

専門的なアプローチではレントゲンも複数枚角度を変えて撮影したり、歯の周りの厚さを確認したりすることでどの程度歯が保存できるのかどうか、より詳しくわかることがあります。

今回は残念ながら抜歯の選択となってしまいましたが、言い換えれば詳しい診査診断によって治らない原因を特定できた、とも言えます。専門医院に受診してよかったとは言えるかもしれませんが、こちらとしてもせっかく関わったのですから歯を残すことができなかったことは残念でなりません。

精密な治療では100%割れないか、と言われればそんなことはありませんが、できる限り早い段階で専門医の治療を検討していただければと思います。

 

院長:高橋